圧巻!! ダブルダッチ スーパーパフォーマンスinアリオ鳳

フェイスペイントの子どもたちの嬉しそうな笑顔が弾けたアリオ鳳
その余韻が冷めやらぬ11月3日の文化の日・・・
この日もアリオのイベントスペースは、大変な盛り上がりをみせました。

b0188651_1482396.jpg
東京からダブルダッチ界の最先端を走るトッププロチームがやって来たのです!
目の前で見る迫力と華麗な技に すっかり目を奪われた子どもたち・・・
いえ、子どもだけでなく中・高生からお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんといった年齢層を問わず釘付けにするパフォーマンスでした。


それもそのはず、今回 アリオ鳳でダブルダッチパフォーマンスを繰り広げてくれたのはダンスとアクロバットを融合させながらエンターテイメント性を追及する斬新なスタイルで、世界中のプレイヤーの目を奪う実力派チーム。

現在プロとしてCMやイベントを多数こなし、プレイヤー・指導者として国際的に活躍しており、国際大会でも2連覇するなど その圧倒的な存在感は一瞬にして観る人の心まで捉えるチームのパフォーマンスです。


今回のブログは 写真画像ではなく、動画でお伝えしたいくらい その見事なパフォーマンスに会場は、魅了されました。
b0188651_14133536.jpg
また、パフォーマンスの途中には、子どもたちにもダブルダッチの楽しさを感じてもらおうと、体験コーナーも盛り込まれたのですが、メンバーの方々が回す2本の縄に向かって跳び込み、上手に跳ぶ子や、関西ならではの愛嬌あふれるパフォーマンスをする子。

2回のステージとも会場中、ハートフルな笑顔に満ち溢れた時間となりました。
ふと気づくと、3階までの吹き抜けスペースは、2階も3階も観客の方々で連なり、3階から階下のパフォーマンスを必死に覗く子どもたちもの姿も・・・


更に驚いた事に、ステージでパフォーマンスを始めるまでは、「その辺の にぃちゃん」(メンバーの方ゴメンなさい)って感じだったのが、パフォーマンスが終わり控室に戻ろうとすると、次々に子どもたちや、お母さん方がメンバーを取り囲み、記念写真や握手を求める光景に一変・・・即席 撮影会と化したのにはビックリ!!

ちょっとしたアイドルみたいになっておりました(笑)・・・ちなみに平均年齢は28歳だとか。


そしてこの日 一番忘れられない光景・・・
一人の5歳の男の子が、おずおずとメンバーに近寄ると勇気を振り絞るかのように「どうしたら縄跳びが跳べるようになりますか?」と訪ねるシーンがありました。

男の子の後ろに立つ お母さんによると、彼は 運動が苦手で、幼稚園でも縄跳びが跳べないのだそう。そんな彼が目の当たりにした、想像を遥かに超えた縄跳びの跳び方にどうしても話を直接聞かずにはいられなかったのです。

緊張からか、少し涙目になりながらも キラキラと輝く瞳を向けて必死になってアドバイスを聞く少年の姿になんだか こちらまでジーンとしたことです。

きっと縄跳びの飛べない少年にとって、チームのメンバーはこの日どんな戦隊ヒーローよりも格好良く映ったのでしょうね。

ホントに素敵なパフォーマンスを皆様にお届けする その一助になれたかなと思っております。また機会があれば 是非 このダブルダッチパフォーマンスをご覧頂きたいと思います。



株式会社BHE
「お笑い・スポーツ」、「パフォーマー・伝統芸能」「食」、「健康・美・癒し」をキーワードに、集客から顧客満足までをトータルでお手伝いするプロモーションサポート企業です。

弊社Webページをご覧くださいませ

[PR]

by bheblog | 2009-11-05 14:30 | イベント舞台裏
line

イベント企画・運営会社のスタッフが持ち回りで綴るスタッフダイアリー ・・・イベントこぼれ話や南は沖縄から北は北海道まで全国出張の旅での話題をご紹介します


by bheblog
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30