北野 誠さんとのこと。

4/29に芸-1グランプリの予選大会第1回目が開催されました。このイベントは主催者であるアリオ八尾と松竹芸能とがタイアップして、年末の12月まで8ヶ月間掛けて行われます。準備期間が半年弱と非常にタイトなスケジュールでしたが、多くの協力を得て何とか1回目にこぎ着けることができました。

何しろ初めてのイベントですし、素人の方も出演されるので、イベント現場をしっかりと任せられる出演者の人選が重要でした。何度も人選ミーティングを重ねた結果、総合司会は、知名度と実力共にバッチリの“やのぱん”と「おはよう朝日です」の金曜日レギュラーで人気急上昇中の“田口万莉ちゃん”に決まったのですが、大切なポイントがゲスト出演者でした。ゲストには、審査だけでなく現場の空気を察して盛り上げて頂く腕が必要です。

特に第1回目は重要です。実行委員会で様々な議論を重ねた結果、ゲスト審査員を“北野誠さん”にお願いすることになりました。

ご存知の方も多いと思いますが、誠さんは不適切発言などで約1年間謹慎生活を送られていました。実は今回が、復帰1発目のイベント出演なのでした。

個人的な話ですが、松竹芸能のタレントさんの中で最も思い出が多いのが誠さんです。僕が22歳の新入社員の時、誠さんは30歳。必死で更に上を目指していた時代だと思います。毎回、現場に行く度に叱られ、社内では「誠と久米は天敵や」と上司や先輩に笑われていました。お笑いの会社のせいなのか、他の者が同行する時も敢えて僕に現場を代わらせてネタにされる程でした。もちろん、僕にはそんな余裕は全くありません。正直な話、僕も誠さんの現場に行くときは憂鬱で、「早く1日が終わってくれ・・・」といつも思っていました。

もちろん、誠さんとプライベートな話をすることなどはなく、毎日が過ぎていったのですが、少しずつ誠さんの目線や態度が変わってきたのです。

このブログを誠さんが見ることはないと思いますので、ハッキリと書きますが、誠さんは、シャイで真面目で心優しい人です。ある時から仕事を離れた部分でも誘われるようになり、誠さんの思いやりが若造の僕にも感じられるようになりました。あまりにもプライベートなことも多いので、ここでは書きませんが。

今回、久しぶりに誠さんに仕事をお願いすることになり、事前にチーフマネージャーや現場のマネージャーには主旨や想いを伝えていました。

いつもは現場でタレントさんを迎えるのですが、今回はイベント事業室のMマネージャ-と共に新大阪駅まで出迎えに行かせて頂きました。僕が会社を辞めてから20年近くの空白があるのでかなり緊張しましたが、不思議なもので、改札口でお会いすると昔の空気に一気に戻りました。

会場までの車中で、進行のポイントなどを説明するつもりが、昔話とこれからの話だけで盛り上がってしまいました(笑)。Mマネージャー、BHEイベント責任者、ごめんなさい。

次回のブログでは、イベント責任者より、当日の模様をレポートさせて頂けると思います。
今回は、画像も無く、個人的な話をさせて頂きました。お許しくださいませ。

株式会社BHE
「お笑い・スポーツ」、「パフォーマー・伝統芸能」「食」、「健康・美・癒し」をキーワードに、集客から顧客満足までをトータルでお手伝いするプロモーションサポート企業です。

弊社Webページをご覧くださいませ

[PR]

by bheblog | 2010-04-30 23:39 | イベント舞台裏
line

イベント企画・運営会社のスタッフが持ち回りで綴るスタッフダイアリー ・・・イベントこぼれ話や南は沖縄から北は北海道まで全国出張の旅での話題をご紹介します


by bheblog
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31